家出人、行方不明の捜索、人探しは探偵に依頼するのがベスト

実際の探偵の仕事や業務というのはテレビや推理小説の世界でもお馴染みですが、其の内容というのは広範囲にわたります。 主なところ、身近なところでは男女間のトラブルや夫婦間の浮気などの素行調査など、其れに家出人や行方不明者を探るなどの調査や状況等を依頼主から受けることです。 

 

 

 

実際に此のような事例や問題が発生して事件として認定された場合は警察による刑事事件として扱われることも有りますが、しかし、探偵は其処までの仕事に携わるということはないのが現状のようです。

 

 

 

さて、実際に活躍している探偵の仕事や業務内容に関してはテレビや映画のようなの華やかな仕事ではなく、どちらかと言えば地味な業務とも言えるでしょう。 其れは何故かと言うと、仕事の内容そのものが秘密に当たることが多く、他人には判らないように密かに行動しながら調査するといったものだからです。 依頼された内容の仕事を漏れること無く専門に仕事をすることが求められるからです。

 

 

 

 

 

さて、家出人、行方不明者の捜索ですが、一般には警察に依頼するのが普通でしょうが、

 

警察に依頼した場合は確かに公的機関ですから無料で依頼することが出来ます。 そして、此の場合は確かに家出人として警察のデータベースに登録はされます。 しかし、警察というのは基本的には事件性があって始めて本格的に捜査が及ぶもので、其れが確認できない時点では具体的には動いてはくれません。

 

又、家族や自分たちで調べる場合も有りますが、しかし此れも行動範囲には限界があり時間等の制限や限界もあり、思い通りに調べる事ができない状態が普通です。

 

 

 

此のようなときには、やはり「探偵」の力を借りるのが一番かもしれません。

 

探偵の仕事は業務内容から言って「人探し」等を専門にする業務も有るのです。 其れはつまり、生業の一つとして全力で探索、捜査をしてくれるということです。

 

 

 

勿論、探偵に依頼した場合は民間の仕事ということでそれなりの料金は掛かりますが、探偵社の仕事業務というのは勿論、マスコミなども動員して行われる場合もあり、其れによっては実際に短時間で発見している場合もあります。

 

家出人、行方不明の人探し等に関しては、スペシャリスト達がいる探偵を利用するのがベターな方法とも言えるでしょう。

整体師から自称宗教の教祖へ。行方不明のままの叔父

私の母の弟は、いつも自分は他の人と違うのだ、選ばれた人間なのだと語るちょっと風変わりな人でした。姉である私の母とはあまり仲良くはありませんでしたが、二人きりの兄弟であるので母は叔父の事を気にはかけていました。

 

母の実母が高齢になったとき、田舎であること、跡を継ぐものがいないことなどからおいおい家を売却するという方向になったのですが、東京で整体院を開業している筈の叔父と連絡がとれなくなっていました。いわゆる失踪ですが、探偵に調査を依頼したところ、運転免許証を更新している形跡があるため、生存はしているようだという所までしかわかりませんでした。

 

いよいよ祖母が亡くなり、家を片付けていると、押し入れの奥から裏表紙に叔父の顔写真の印刷された、ハードカバーの本が150冊以上、真新しい状態で置かれてあるのを見つけました。

 

内容は、宇宙のパワーと人間の関係であるとか、自分は宇宙と交信をしていてそのパワーをコントロールすることができるだとか、宗教的ともファンタジーともとれるような内容でした。

 

写真は確かに叔父なのですが、執筆者名は聞いたことも無い名前。宇宙的な感じを並べた、叔父のペンネームだと思われました。九州のある山にて新興宗教を広めていると解説にあり、自費出版した布教本と思われました。

 

叔父は祖母の葬儀にも姿を現す事はありませんでした。母の実家は結局、区画整理で買い上げられる事になり、母が病気で倒れてからは自治体に全てをお任せしてしまったので、そのご叔父がどうなったかは結局わかりませんでした。今でも九州の山で、宇宙のパワーを自分に取り込んでいるのでしょうか。まっさらな叔父の本は、とっくに処分してしまいましたが。

遠い島を思い出しひとり佇む父を迎えにフェリー乗り場へ

父が徘徊をはじめたのはちょうど80歳になった頃でした。母から続けて電話。「お父さんがまだ帰って来ない」。はじめのうちは身体も丈夫だしいつもの様に散歩にでも行ってるんじゃないの、と軽くいなしていたものの、日がたつごとに頻繁になってきてさすがに心配になり、母と二人で探す日々が始まりました。

 

父の居場所は様々でした。ある時は実家の近くの公園。ある時は商店街の中。たいていが夕方で食事を終えた後でした。

 

「今日はまだ大丈夫?」「まだ大丈夫」。毎日会社を出るとまず母に確認の電話。「まさかヒモで縛っておくわけにもいかないしね」。少し母も慣れてきたのか冗談も出るようになった矢先「ダメだわ。いつもの場所を回っても今日はどこにもいないわ」と母から電話。「何か思い当るふしはない?」「うん、さっきテレビで四国の愛媛の特集やっているのを見てたわ」。父は愛媛生まれ。事あるごとに素晴らしい自然に包まれた自分の故郷を自慢げに語っていました。そしていつか愛媛に帰りたいなとも。「母さん、フェリー乗り場に行ってみるよ」。会社からフェリー乗り場まではタクシーならすぐの距離。一か八かで神戸港へ。

 

父が立っていました。キラキラ輝く夕暮れの海原を前にして、ぼーっと遠くを眺めていました。「父さん、近いうちに愛媛に行こう。そしていっぱい父さんの生まれ故郷を巡ろう。友達や親戚に会おう。だから、それまでは家に居ような、ちゃんとな」そう言うと父は子供の様な笑顔を浮かべて何度も何度も頷きました。

猫を追って失踪したクラスメートの男子の行く先は

私が小学生の頃の話ですが、クラスメートの男の子がいなくなったとの連絡を受けました。

 

私は割とその子と仲が良かったので、何か知らないかと聞かれたのですが、私は何も知りませんでした。

 

どこに行くと聞いたわけでもありませんし、その日だって挨拶を交わしたくらいでした。

 

とりあえず手分けして色んなところを探しました。

 

近所ももちろん探しましたし、車や自転車で遠くまで探す人もいました。

 

見つかったのは、夜10時頃だったと思います。

 

学区よりも遥かに離れた公園のベンチで寝ていました。

 

所持品が何もなかったので見つけた人は焦ったみたいですが、どうやら元から手ぶらだったようです。

 

では何故そんなところにいたかというと、歩いている猫を追いかけたらここまで来てしまったという、フィクションのような話でした。

 

もちろんこっぴどく怒られたみたいですが、寝起きだったためあまり覚えていないとのことです。

 

それからその子のあだ名は、ネコになりました。

 

元々見た目が猫っぽい子でしたし、あながち間違ってもいないのですが、安易なあだ名だと思った記憶はあります。

 

確かそれからしばらくは、その子のお母さんが送り迎えをしていました。

 

心配になるのも無理はありません。

 

それから急に失踪するということはありませんでしたが、どこかにふらっと行こうとすると周りが物凄い反応をするようになったみたいです。

 

当たり前だろうと思いましたが、それが何年も続いたとのことで、さすがに鬱陶しいかもと思ってしまいました。

祖父が痴呆症で失踪し、他人の家のチャイムを連打

20年ほど前、私が高校生の時になりますが、早朝に祖母から電話があり、痴呆症の祖父が朝起きたら家からいなくなっていたとの知らせが入りました。祖父はその時痴呆症になってから2年くらいで、祖父自身と祖母のこと以外はほとんど記憶がない状態でしたが、体は比較的健康で、1人で歩くことくらいは可能な状態でした。痴呆症になってから度々1人で外に出たがるようになったため、祖父が勝手に外に出ないよう常に祖母は警戒していたのですが、早朝の寝ている間に外に出られてしまいました。

 

祖母はすでに警察には連絡したようでして、私達も家族総動員で祖父の家の周辺に向かい、手分けをして捜索をしました。探偵にも依頼したのです。

 

私は学校に登校する前の5時半から7時まで探し、父や姉も兄も仕事に行く直前まで必死に探しました。他の親戚も駆けつけてみんなで探したのですが、朝は見つけることができませんでした。

 

祖母や仕事がない母などが残って捜索を続け、結局昼くらいに警察から祖父が見つかったとの連絡がありました。

 

警察によると、家から3キロほど離れた見知らぬマンションに行き、知らない家のチャイムを延々と鳴らし続けていたそうです。その家の住人は当初は祖父に対して怒ったそうですが、祖父と話すとすぐに痴呆症だと気付き、警察に連絡をしてくれたようでした。そのため探偵の出番はなかったということです。

 

チャイムを連打していたという話が今では笑い話になるのですが、早朝から鳴らされた側の住人はさぞかし迷惑だったことでしょう。

真面目な夫が突然の家出!何が何だかわからず探偵に依頼しました

朝起きたら、隣にいるはずの夫がいませんでした。早起きをしたのかと思いましたが、どこにもいません。そしてテーブルの上に手紙がありました。そこには「申し訳ない、捜さないでほしい」と書かれていたのです。あまりにも突然の事で、何が何だかわからずにいました。

 

友人に相談しました。すると友人は探偵を紹介してくれたのです。こういった家出調査は難しいので、探偵に任せたほうがいいと言ってくれたのです。

 

なんと女性探偵さんがこの依頼を引き受けてくれました。少しの不安はありましたが、夫を見つけてくれたのです。夫は女性と一緒に小さいアパートで住んでいました。家出をしてから一か月後に見つかったのですが、それはとても幸せそうに生活していたみたいです。

 

写真を何枚か見せてもらいました。そこには楽しそうに歩く二人の姿があったのです。手をつないで、まるで夫婦みたいでした。

 

相手の女性は何と夫の幼なじみだったのです。見た事のある顔だったのです。いつから続いていたのでしょうか。私は全く気付きませんでした。とてもショックでした。

 

今私は悩んでいます。このまま離婚をするか、それとも夫に戻ってきてほしいと懇願するか悩んでいるのです。あまりにも突然の事で、どうすればいいかわかりません。

 

今まで浮気の疑いは一回もありませんでした。離婚してくれと言われた事もなかったのです。それなのにこの仕打ちはひどすぎます。私は夫の事をとても信頼していました。でもこれから、夫の顔を見る事ができるかどうか不安です。だからかなり悩んでいるのです。